製品情報

ホーム製品情報学術支援

学術支援

獣医科大学との共同研究、全国の動物病院で実施して頂いた臨床試験の成果は、より多くの獣医医療従事者との共有を目的に、獣医学系学会での発表、論文投稿、地方セミナー・院内セミナーを実施しています。また、病気についてわかりやすく解説したリーフレットなども発行しています。

▼学会発表の実績
2008年 <動臨研一般口演>全国動物病院が選ぶ腫瘍サプリメント
2009年

<動臨研ランチョンセミナー>犬と猫の悪性腫瘍に対するセンダン葉抽出物の効果
<動臨研一般口演>泌尿器系疾病に対するウロアクトの臨床検討
<動臨研症例検討>皮膚疾患におけるリンパクトデリタブの臨床検討

2010年

<JCVIM症例検討>掻痒性皮膚疾患におけるリンパクトデリタブの臨床検討
<JCVIM症例検討>ウロアクトを用いてシュウ酸カルシウム尿石症が改善した2例
<JCVIM症例検討>ストルバイト尿石症におけるウロアクトの臨床検討
<動臨研症例検討>犬毛包虫症におけるβグルカン製剤(リンパクト)の臨床検討
<動臨研症例検討>ASTおよびALT上昇症例における肝機能改善サプリメント(ヘパアクト)の臨床検討

2012年

<JCVIMランチョンセミナー>肝酵素上昇の犬に遭遇したときのアプローチ
<動臨研ランチョンセミナー>これだけは知っておきたい免疫抑制剤の基礎知識

2013年

<WJVFランチョンセミナー>尿石症サプリメント(ウロアクト)の臨床での使い方と評価
<JBVPランチョンセミナー>口腔内のウェルネス-Streptcoccus salivarius K12の正しい使い方-
<動臨研ランチョンセミナー>椎間板ヘルニアにどう対応するか?〜ニューロアクト活用法〜

2014年 <JCVIM>肝酵素値が上昇した症例に対する診断の進め方
<WJVFランチョンセミナー>口腔内のウェルネスStreptcoccus salivarius K12(口腔内善玉菌)の正しい使い方
<JBVPランチョンセミナー>デンタルホームケア:歯みがきとStreptococcus salivarius K12(口腔内善玉菌)の活用法
<JBVPランチョンセミナー>椎間板ヘルニアに対する内科的アプローチ
2015年

<WJVFランチョンセミナー>日常に潜む血栓症〜まれな病態ではありません〜
<JBVPランチョンセミナー>変性性脊髄症に今できること ニューロアクトの可能性
<JBVPポスター>犬のASTおよびALT上昇症例における肝機能改善サプリメントの臨床検討
<動臨研症例検討>犬の僧帽弁閉鎖不全症おける血流改善サプリメントの臨床検討

2016年

<JCVIM症例検討>犬ニキビダニ症におけるβグルカン含有高嗜好性サプリメントの臨床評価
<JCVIM症例検討>犬の関節疾患に対する高嗜好性シロップ剤の臨床応用
<WJVFランチョンセミナー>慢性腸症へのアプローチin大学病院〜動物用止瀉剤&整腸剤の使いどころ
<JBVPランチョンセミナー>膝蓋骨脱臼への初チャレンジ
<JBVPランチョンセミナー>僧帽弁閉鎖不全症の内科から心臓外科までのインフォーム
<動臨研>ミニチュアダックスフントの呼吸器疾患

2017年 Coming soon…

※JCVIM=日本獣医内科学アカデミー、WJVF=西日本獣医フォーラム、JBVP=日本臨床獣医学フォーラム、動臨研=動物臨床医学会

▼論文・学術雑誌
  タイトル、著者 出典 取上げて頂いた製品
2008年

「複合キノコ配合サプリメントの臨床比較」(伊藤)

『MVM』 Vol.17 No.108 p59-64 リンパクト
2009年

「犬の下痢症に対するベルべリン配合止瀉剤ならびに生菌配合整腸剤の治療効果」(松鵜ら)

『日本小動物獣医学会会誌』 Vol.62 p789-795 ディアバスター
ビオイムバスター
「沖縄に自生するセンダン葉成分によるヒト、犬、猫のがん細胞に対する影響についての研究」(根路銘ら) 『MVM』 Vol.18 No.116 p78-81 センダンα
2010年

「脾臓血管肉腫に対し、センダン葉抽出液を給与し長期間生存した犬の1例」(渡辺・坂田)

『CLINIC NOTE』 Jun p94-97 センダンα
「犬のストルバイト尿石症に対するウロアクトの臨床検討」(堀) 『CLINIC NOTE』 Nov p80-86 ウロアクト
「犬のアトピー性皮膚炎に対するβ-グルカン製剤の臨床応用」(奥田ら) 『CAP』 Nov. p42-47 ダーマクト
2011年

「ウロアクトによりシュウ酸カルシウム結晶・結石が改善した症例」(堀、星)

『CAP』 Jan. p80-84 ウロアクト
「特集 犬猫にプロバイオティクスは必要か?さあ、使ってみようプロバイオティクス インフォームド・コンセントの秘訣教えます-基本編-」(深田) 『MVM』 Vol.20 No.128 p6-11 ディアバスター
ビオイムバスター
「第2特集 犬猫にプロバイオティクスは必要か?さあ、使ってみようプロバイオティクス インフォームド・コンセントの秘訣教えます-臨床編-」(深田) 『MVM』 Vol.20 No.129 p36-40 ディアバスター
ビオイムバスター
「犬猫にプロバイオティクスは必要か? 1次診療における下痢治療の現状」(白井、苅谷) 『MVM』Vol.20 No.128 p12-19 ディアバスター
ビオイムバスター
「犬猫にプロバイオティクスは必要か?〈後編〉1次診療における下痢治療の現状」(白井、苅谷) 『MVM』 Vol.20 No.129 p41-43 ディアバスター
ビオイムバスター
「1次診療病院における嘔吐治療-動物用制吐剤の有効性活用法」(奥田) 『CLINIC NOTE』Aug. p99-101 ボミットバスター
「ウサギの高カルシウム尿症におけるウラジロガシ配合剤(ウロアクト)を使用した1例」(岡部) 『infoVets』 No.154 p41-44 ウロアクト
2012年 「肝臓を保護する栄養素〜サプリメントへの期待〜」(坂井) 『CLINIC NOTE』 Mar. p26-28 ヘパアクト
「1次診療病院におけるβ-グルカン(リンパクトデリタブ)の活用法 悪性腫瘍編」(有里ら) 『CAP』 July. p66-71 リンパクト
「犬の尿管結石(シュウ酸カルシウム)における新たな内科的治療法の検討」(重本ら) 『infoVets』 No.159 p51-55 ウロアクト
「免疫抑制剤の種類とメカニズム」(岩崎) 『CAP』 Dec. p8-18 シクロキャップ
2013年 「コーギーの変性性脊髄症の臨床像とその診断」(神志那) 『infoVets』 No.162 p4-8 ニューロアクト
「犬毛包虫症におけるβグルカンサプリメント(リンパクトデリタブ)の臨床検討」(宮川ら) 『DERMATOLOGY』 Vol.9 No.3 p81-84 リンパクト
「犬の椎間板ヘルニアに対する犬猫用栄養補助食品「ニューロアクト」の有効性評価」(左近允) 『CAP』 Oct. p105-109 ニューロアクト
「悪性腫瘍症例の内科的治療(腫瘍サプリメント)の再考察」(古田) 『CLINIC NOTE』 Dec. p90-95 センダンα
「これだけは知っておきたい免疫抑制剤の基礎知識」(湯木) 『CAP』Aug. p81-84 シクロキャップ
「搔痒性皮膚疾患におけるダーマクトの有効性評価<ステロイド減量は可能か?≫」(平島ら) 小動物臨床Vol.32 No.6 ダーマクト
2014年 「ヘパアクト」の臨床検討」(古田ら) 『infoVets』 No.168 p68-71 ヘパアクト
「口腔内のウェルネス-Streptococcus salivalius K12(口腔内善玉菌)の正しい使いかた」(石田ら) 『MVM』 Vol.23 No.145 デンタルバイオ
「どうぶつたちの病院 沖縄による取り組み(ケナガネズミ)」 『infoVets』No.167 p82-83  
明日から使いこなそう免疫抑制剤〜シクロスポリンの要点を中心に〜(湯木) 「CAP」May.P92−95 シクロキャップ
入門編〜知っていますか? プロバイオティクス〜(松澤) 「CAP」Aug.P105-107 ディアバスター
ビオイムバスター
犬のジアルジア症に対するプロバイオティクス応用の可能性(伊藤) 「CAP」Aug.P108-111 ディアバスター
ビオイムバスター
2015年 「≪消化器薬≫モサプリドとメトクロプラミドにおける再考察」(大脇ら) 『infoVets』 No.174 p81-86 ボミットバスター
「免疫抑制療法の考え方」(水野) 『MVM』Vol.24 No.153 p94-99 シクロキャップ
「犬、猫の尿結石症における新たな選択肢:ウロアクト」(白井) 『infoVets』No.177 p88-92 ウロアクト
2016年 「犬のASTおよびALT上昇症例における肝臓加水分解物配合サプリメントの臨床検討」(小川ら) 『infovets』Vol.25 No.160 p96-101 ヘパアクトSリバイン
「日常診療に潜む血栓症」(村岡ら) 『MVM』No.180 p141-146 ハートアクト
「変性性脊髄症に今できること〜ニューロアクトの可能性〜」(神志那) 『infovets』No.181 p100-104 ニューロアクト
「泌尿器外科の実践テクニック 緊急症例への対応」(岩井) 『CAP』May p17-25 ウロアクト
「腫瘍症例におけるβ-グルカンの応用 〜リンパクト®デリタブの可能性〜」(有里) 『CAP』April.P102-107 リンパクト
「放射線治療の使いどころ〜どんなときに大学に紹介する?〜」(藤原) 『CAP』June p56-61 リンパクト
「細菌性尿路感染症の治療戦略」(下川) 『MVM』Vol.25 No.163 p87-93 クリア錠
「犬の慢性腸症の診断・治療におけるディアバスター®錠およびビオイムバスター®錠の使用法」(大森) 『CAP』July. P82-86 ディアバスター
ビオイムバスター
変性性脊髄症に今できること〜ニューロアクトの可能性〜 『infovets』No.181 p100-104 ニューロアクト
右心不全を呈し失神を繰り返す両房室弁閉鎖不全症に対してピモベンダンの追加が奏功した犬の1例 『infovets』No.182 p84-89 ダーマクト
犬ニキビダニ症におけるβグルカン含有高嗜好性サプリメントの臨床評価 『infovets』No.183 p105-111 ピモベハート
2017年 閉塞性肥大型心筋症の猫に対しピモベンダン製剤を使用して臨床徴候が改善した1例 『infovets』No.185 p92-95 ピモベハート
犬の僧帽弁閉鎖不全症における血流改善サプリメントの臨床評価 『CAP』February.P119-122 ハートアクト

バスター錠シリーズ

ACTシリーズ

クリア錠シリーズ