獣医医療開発について

ホーム獣医医療開発について概要・組織図・子会社

会社概要

会社名 獣医医療開発株式会社(略称:VMDP)
設立 2006年
資本金 5,000万円
取締役&社員数 代表取締役 島田洋二郎(獣医師)
取締役 平栗万里子
17名(グループ40名)
本社 〒332-0016 埼玉県川口市幸町2-9-11
TEL:048-240-8600 FAX:048-240-8603
研究施設 埼玉県さいたま市浦和区(臨床研究)
埼玉県川口市三ツ和(製剤研究)
製造工場

川口工場:リケンベッツファーマ株式会社(旧 理研畜産化薬株式会社)

〒332-0011 埼玉県川口市元郷4-1-8
TEL:048-224-8451/FAX:048-224-1079

寄居工場:リケンベッツファーマ株式会社 寄居工場

〒369-1216 埼玉県大里郡寄居町818-2
子会社

アマミベッツメディカ株式会社

〒894-0017 鹿児島県奄美市名瀬石橋町11-26
提携企業 三宝製薬株式会社、株式会社ベッツIT
共立製薬株式会社、Meiji Seika ファルマ株式会社、日本全薬工業株式会社
取引銀行 三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行

組織図・グループ会社

獣医医療開発株式会社は、動物に関わる全ての人々、全ての動物たちへの貢献を目標としています。
獣医医療開発:開発、製薬、病院の3事業部に分かれています。

「リケンベッツファーマ株式会社」:獣医医療開発の開発力と、理研畜産化薬で長年培われてきた技術を融合し、畜産業界に新たな風を吹き込めるような製品を提供します。

「アマミベッツメディカ株式会社」:小動物臨床のほか、奄美大島に生息する希少野生動物の保護活動、ノラネコの繁殖を防ぐTNR活動などを行っています。

組織図

バスター錠シリーズ

ACTシリーズ

クリア錠シリーズ