獣医医療開発について

ホーム獣医医療開発について業績・沿革・採用実績

業績

  • 創業以来、売上は順調に推移し、14期連続の増収増益を達成。
  • 製品の売上総額は、動物薬オリジナルメーカーの企業ランキング9位(80社中)を獲得。
  • 動物用サプリメントオリジナルメーカーの企業ランキングでは、1位(48社中)を獲得。

売上推移

沿革

2006年 会社設立
2007年 株式会社ベッツITとの業務提携
共立製薬株式会社との業務提携
2008年 Meiji Seika ファルマ株式会社との業務提携
2009年 本店移転(業務拡大)・・埼玉県さいたま市大宮区吉敷町1丁目133番地1
日本全薬工業株式会社との業務提携
2010年 臨床研究施設(大阪市)開業
2012年 埼玉どうぶつ病院を開設
2016年 「リケンベッツファーマ株式会社」の設立
動物用医薬品・飼料添加物の製造工場(川口・寄居)開設
「アマミベッツメディカ株式会社」の設立
臨床研究施設(奄美市)開業
2017年 鳩ヶ谷研究所 開設
2018年 本店移転(業務拡大)・・埼玉県川口市幸町2-9-11
住友商事株式会社との業務提携(国際事業)
2019年 LCP技術確立、観賞魚部門開設
2020年 東京研究所 開設

10年の軌跡

「獣医師による獣医師のための獣医医療の提供を目指して」という目標を掲げ、獣医医療では普及していなかった伴侶動物用ジェネリック医薬品(消化器薬『バスターシリーズ』、抗菌薬『クリアシリーズ』、循環器薬『ハートシリーズ』)を開発しました。また、動物用サプリメントは実際に臨床獣医師が臨床試験を行い、使い方や効果を検証したものです。1つのサプリメントの開発から始まった弊社は、臨床現場の声を形にし続け、動物用サプリメントオリジナルメーカーとして国内1 位、動物薬(ペット)オリジナルメーカーとして9位を獲得しました。

採用実績

  採用人数及び内訳 卒業校(五十音順)
2015 年 獣医師1名、薬剤師1名、大卒1名、専門卒1名 麻布大学、大宮国際動物専門学校、城西国際大学
2016 年 獣医師1名、薬剤師1名 麻布大学、東京理科大学
2017 年 獣医師3名 北里大学、実践女子大学、東京農工大学
2018 年 獣医師3名、薬剤師2名、大学院卒1名、専門卒1名 麻布大学、大宮国際動物専門学校、熊本大学、東京理科大学、日本大学、北海道大学、
2019 年 獣医師1名、薬剤師1名、大卒3名 城西大学、東京大学、日本大学、日本獣医生命科学大学
2020 年 獣医師1名、薬剤師3名、専門卒1名 京都薬科大学、昭和薬科大学、中央動物専門学校、日本大学、日本獣医生命科学大学、北海道大学
2021 年
(予定)
獣医師1名、大学院卒1名、大卒3名、専門卒1 名 穴吹動物専門学校、北里大学、東京農業大学、日本獣医生命科学大学、明治大学、酪農学園大学

ほか、東北大学、星薬科大学、明星大学など

■2021 年の求人掲載内容はこちら

バスター錠シリーズ

ACTシリーズ

クリア錠シリーズ

ハート錠シリーズ

ガード錠シリーズ